2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

パソコン・インターネット

2012年5月20日 (日)

PCメンテナンス技術者に就職内定&勉強方法

PCの同僚の新しい就職先が内定しました。地方自治体でPCのメンテナンスをすることになるんだそうです。

金曜日の夕方、同僚と話をしてたら、同僚に電話がかかってきて、(文字通り飛び跳ねて)無茶苦茶喜んでました。
どんないいことがあったのかと思ったら「就職内定した!」と。

「おめでとう!」と口では言いつつ、複雑な気分。
これが学校の先生の現実かぁ、と。新しい仕事が決まったら辞めていくんだな、と。

その同僚から、私が学校でPCの修理をやってるからか「PCメンテナンス教えて!!!」(←かなり必死な様子)と頼まれました。
(学校去る人だから、別に教えなくてもいいかなぁ、なんて思ったりはしたんですが)

教えると言っても、PCがどんな壊れ方をするのか、どんな直し方をするのかは、症状によりけり、症状は千差万別。困った。
そこで、Webサイトを探してみたら、良さそうなサイトがありました。
http://www.pcbuyerbeware.co.uk/RecoveringXP.htm

システムリストアからバックアップ、リペア等、なんとなくは知ってるけど、教えられるほどは知らなかったことを再確認しました。
人に教えるって、自分の知識の整理もできていいですね。

今日は日曜日ですが、午前中、学校へ行って同僚へ教えてきました。
待ち合わせ時間に到着したら、同僚は既に待っていました。遅刻しないなんて、必死さが伝わってきます(笑)

用意してきたこと以外にもQ&A形式でいろいろと伝えました。聞く方も必死なので、教える方も気合が入ります。
2時間半でいっぱいしゃべりました。大丈夫かな?覚えてられるのかな?

せっかくなので、今回教えたことをまとめて、他の先生にも展開しようかなぁ。

最近、先生にしろ生徒にしろ、パソコンの勉強方法が日本とは違うな、ということがわかりはじめました。
こちらの人は、使って理解するよりも暗記から入ります。機能の名前や呼び出し方、目的など。この辺、とっても得意です。
(私はこの辺苦手です。自分のやりたいことを満たしてくれれば、機能名や目的など曖昧でも全く気にしないです)

それもいいとは思うんですが、実際に試さないまま知識としてだけ記憶にとどめて終わり、ということが多いみたいです。
でも、パソコンなんですから、日本式というか、もっと実践的な勉強方法を知ってほしい、と思うのです。

勉強方法を知ってもらうネタになればいいかなぁ、と。

2012年5月18日 (金)

同僚のパソコンウィルス駆除

同僚が授業で使ってるパソコンがウィルスに感染してて、まともに動作しないけどデータだけでも救出したいとのこと。

先日、状況だけ確認して、今日、本格対処しました。

予定:
 まず、データをコピーする前に、HDD内のウィルスを駆除
 そして、駆除の終わったHDDから必要なデータをUSBメモリにコピー

ウィルスだらけのパソコンにAVGを入れてWindowsがまともに起動しなくなった苦い経験から、
 1.Ubuntu CDでブート
 2.アンチウィルスソフトを、メモリ上のUbuntuにインストール
 3.メモリ上のUbuntuから、Windowsの入ったHDDをスキャン
をしようと、調査をしました。

が、良さそうであったClamAV、インターネット接続がないとインストールできなそう。
うーん、いまいち。学校のパソコンはもちろんネットにつながってません。

そこで、他のPC隊員がブログに書いてたのを思い出し、AVG Rescue CDを使ってみることにしました。

Windowsが起動しなくなったパソコンでも、CDから起動してウィルスをスキャンして駆除できるという優れもの。
サイズも81MBとそれほど大きくないのでダウンロードもすぐ完了。CDに焼いて学校に持っていきました。

さて、早速同僚のパソコンを、スキャンしてみました。

数時間のち。

ウィルスの数、9688。

・・・。
同僚と顔見あわせて笑うしかありません(笑)

駆除(と言っても、「削除」を選択するだけ)も数十分。

こんなに大量のウィルス、初めて見ました。
授業中でなければ、カメラで撮っておきたかったくらい。

後は、UbuntuのブータブルCDで起動して、データをUSBメモリにコピーするだけ。
ウィルスの数が多すぎて今日中に作業が終わりませんでした(笑)
続きは来週です。

が、後はたぶん大丈夫と思います。

2012年5月12日 (土)

パソコンの修理

教室以外のパソコンの修理をしました。

症状。

パソコンを起動すると、カタカタ音がする
パソコンを起動して5分くらい経つと電源が落ちる

CPUの温度異常のようです。
1週間ほど前に一度チェックをしたのですが、その時は時間もなく、ドライバーも持ってなかったのでパソコンの筐体は開けませんでした。
ウィルスもひどかったので、その時は、まず、AVGを入れただけで終了しました。

数日後、パソコンが起動しなくなった、との苦情を受けました。

というわけで、初の土曜日出勤しました。

まずパソコンをセーフモードで立ち上げてみる。
この時点でCドライブとDドライブの両方にWindowsがインストールされているのを発見。変なの。
なぜかDドライブのWindowsがデフォルトになってます。CドライブのWindowsは無視することにしました。
たぶん、CドライブのWindowsの動きがウィルスのせいでおかしくなったので、再度Windowsを誰かが入れたんでしょう。

そしてしばらくするとパソコンの電源が落ちます。
そこで、BIOSセットアップ画面に入ってCPUの温度を確認すると80度以上。
閾値はわかりませんが、高すぎるような気がします。やっぱりCPUの温度が異常に上がってます。

今日は時間があるので、パソコンの筐体を開けてCPUチェック。
開けたらものすごい埃。この埃のせいだけでもパソコンが正常に動かなくなりそうな気配。
ほこりを取り除いて、CPUファンを確認したところ、マザーボードにちゃんと取り付けられてませんでした。
CPUとCPUファンの間に隙間がありました。よくこれで、数年間動いてたなぁ。
ちょっと苦労してCPUファンを正常に取り付けなおしました。

さて次にWindowsを起動して見てみると、確かにWindowsのWelcom画面からログオンした後、デスクトップ背景だけ表示されて他は何も表示されません。
ショートカットキーでタスクマネージャを起動してみましたが、新しいタスクの起動もできません。
既に入ってるウィルスとの組み合わせか、この変なWindows(見たことないバージョンです)との組み合わせのせいか、
やっぱりAVGがまずいようです。ということでアンインストール。

正常に起動するようになりました。

同僚には「AVGはいまいちだ」という印象を与えたようです。
いやいや、パソコン再インストール後、ウィルス対策ソフトをすぐに入れないのが悪いんです!
AVG(というかアンチウィルスソフト全般)はウィルスが既に入ってるパソコンにインストールすることは想定されてない、
ウィルスが悪いんだ、と伝えましたがどんだけわかっているのか。

再インストールするためにはOSのCDを買ってね、と伝えて作業終了。

思ったよりもそうとう時間かかりました・・・。疲れた!
でも、教室外のパソコンでも、頼まれたものが修理できてよかったです。

2012年4月 2日 (月)

Windows7の英語化&XPモード導入

今週から来週にかけて、PCメンテナンス(修理)のトレーニング資料を作ります。
ソフトの操作方法を説明するときには、PCの画面で操作している状態をキャプチャして、
貼り付けると、すごくわかりやすくてよいと思います。

ですが、、、

 私のPCはWindows 7(日本語)
 学校のPCはWindows XP(英語版)

トレーニング資料に、日本語Windows7での操作画面をキャプチャして貼り付けても、
同僚たちにはちんぷんかんぷん。役に立たない。

というわけで、自分のPCの英語化を試みました。
せっかくやったので備忘録として残します。

実施すべきは以下の2点です(と、最初は思いました)

 ・Windows7の英語化
 ・Windows XPモードの導入

☆Windows7の英語化

まず、OSの英語化から実施しました。
やり方は以下のURLを参考に。
 http://www.tk80.com/tdiary/index.cgi?no=343

言語パックは、私は↓こちらを使いました。
 http://www.technize.net/windows-7-sp1-language-packs-direct-download-links-kb2483139/

おお、Windows7が英語化されました。
日本語に戻すのもRegistry Editorでちょっと変更するだけなので簡単です。

☆Windows XPモードの導入

次に、Windows XPモードをインストールしました。
ここ↓からダウンロードして、ここに書いてある通りにセットアップすればよいです。
 http://www.microsoft.com/japan/windows/virtual-pc/download.aspx

Windows XPモードを入れるとどんな感じかはこのサイト↓に書いてます。
 http://cloud.watch.impress.co.jp/epw/docs/series/virtual/20090511_168067.html

ん? Windows XP Modeのダウンロードページをよく見ると、
「インストールに使用する言語を選択します。」という説明が。

ここで英語を選択すれば、、、ひょっとしてWindows7の英語化は不要だった???

とりあえず「インストールに使用する言語を選択します。」で「英語」を選択して、
説明通りにダウンロードしてセットアップします。

Viurtual PC内にWindows XPが起動しました。

あ、英語だ。

Xpmodeinstalled001

Widows7の英語化の方法、調べるのに結構時間かかって実施したのに。
必要なかったようです(笑)

まあ、そんなこんなでパソコンの設定は完了。
明日からトレーニング資料作りが本格的に開始です。