2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

パソコン壊れました

自分のノートパソコンを、ソファから自分の足の上に落としました。
ちょうど斜めに落ちたので、「いったーい!」と思ったのですが、
ちょっと打ち身になっただけで、アザもほとんどなく、問題なし。

が、ノートパソコンは、翌日にはWindowsの起動に30分以上かかるようになり、
再起動を何度かして、システムリストアなんて試みてるうちに、
「ハードディスクがありません」と言われるようになり、
あー、ハードディスクが瀕死だったんだな、とここでやっと気づきました。

原因と言えば、前日に落としたことしか思い当たらない。
(いや、それまでにも何度か落としてますが)

ああ、あの時ああしていれば、こうしていれば、
といろいろ不幸な体験を思い返してしまうのですが、気持ちを切り替えて、
予備で持ってきていた内臓用ハードディスクをトランクから引っ張り出し、
入れ替えを試みます。

この予備ハードディスクには、昨年、Windows環境まるごとバックアップしているので、
上手く行けば、ハードディスクを入れ替えた直後に、普通にパソコンが使えるはず。

もちろん、そんなにうまく行きませんでした。

続きを読む "パソコン壊れました" »

2013年5月22日 (水)

小さい赤ちゃんのいる先生

最近、驚いたことがあります。
学校の女性の先生と話をしていた時の話。

「わたし今、二つ目の学位を取ってる途中だから、今から大学へ行って論文書くの。
 午後は授業ないから」
「奨学金を取って、外国の大学に行きたいから、論文がんばってるの」

と、ここまでは普通。その後、

「8ヶ月の息子がいるの。産休は3ヶ月しかもらえなかったんだけどね~」

と・・・。
え~~~~~!

赤ちゃんがいるのに、フルタイムで(と言っても、先生はフリーの時間がとっても多い)働いていて、大学通ってて、
かつ、外国の大学に行きたい、という夢を普通に語る彼女。

そういう人は、普通子供どうしてるの?と聞くと、
親が子供を預かってくれたり、お手伝いさん(日本に比べるととっても安い)がいたり
田舎だと、近所の専業主婦(たくさんの子持ち)が子供を見ててくれたり、と、
女性が働くことをサポートする環境があるらしい。日本との違いに驚き。

でも、お手伝いさんの子供はおそらく大学は行けない=給料のいい職業にはつけないだろうし、
専業主婦が当たり前の世界で、働く女性が少ないからこそ、子供を見てもらえるわけで、
社会的な格差に支えられてると、言えなくもない。

いいなぁ、とうらやましくもあるけれど、複雑な気分にもなる。
ここ最近で、一番驚いた話でした。

うれしい着任

ここ最近、生徒の成績を管理するシステムを作っています。

4月始めに、依頼主が転職してしまって悲しい思いをしたのですが、
先日、依頼主の後任がやっと着任しました。

それに伴って、開発中のシステムを完成させて、本日納品完了しました!

これまで、3,4回、依頼主と、依頼主が転職してからは代理の先生と一緒に、
仕様や、使い勝手の確認をしてもらってました。

今日は納品日ということで、私が作ったマニュアル通りに操作をしてみる日でした。
ちょうど後任の人も来てたので、一緒に見てもらうことに。

後任の人に受け入れてもらえるか、ちょっと不安でしたが、
「いいシステムだね。家でマニュアル見ながら練習するよ」と言ってもらえ、
とりあえず、ホッ。

この後任の方、なんと前職は高校でPCの先生をやっていたらしく、
こんなシステムの操作は、ちょちょいのちょい、と思われます。
PC初心者でなくてよかった~。

(「システム」というほど大げさなもんではなく、
  Access+VBAで作った「ツール」ですが)

数ヶ月に渡って関わってきた開発がやっと手を離れた、ということがうれしいです。
まだ、実際には使い始めてないので、気は抜けません。

次の難関は「本当に使ってもらえるか」「問題はないか」です。
一番悲しいのは「作ったのに使われないこと」です。

いつ、使い始めてくれるんだろう。楽しみです。

2013年5月21日 (火)

土砂降りの日にミニバスに乗ると

学校帰りの夕方、季節外れの土砂降り。
少雨期は終わったような、終わってないような、なので、
季節外れでもないのかもしれません。

久しぶりに折りたたみ傘をさして、
いそいでミニバスに乗り込みました。

と、車掌さんがニコっと笑って、
私の傘を奪ってミニバスの外へ出ていってしまいました。

傘が手に入ったので、ミニバスからちょっと離れたところで
「ハヤフレットハヤフレット~」と呼び込み開始です。

車掌さんは傘を常備してないので、
雨がひどいときには、客の傘を奪って(借りてw)客集めをし、
客がミニバスいっぱいに集まると、傘を返してくれるわけです。

初めてこれをやられた時は、状況はすぐに飲み込めたものの、
傘とられちゃうんじゃないかと冷や冷やしました。

助け合い、ですね♪

2013年5月19日 (日)

固い肉を調理する

牛肉のかたまり肉を買ったので、先日、薄切りにして、砂糖+醤油で味付けをしてみました。
おいしかった~。けど、固かった~orz

とっても残念だったので、今日は「固い肉を柔らかくする」実験。
作ったのは、薄切り肉で作る牛皿もどき。

いろんな方から教えてもらったり、自分で調べたりした中から
「固い肉を柔らかくする方法」を3種類試しました。

続きを読む "固い肉を調理する" »

2013年5月10日 (金)

つかれましたー

今日はいろいろ疲れました。

8時に学校に来ると言った人が11時に来て「ごめんごめん♪」だったり、
9時に会う約束をしていた人が、「ごめん、今日は行けない」と言ってきたり、
最近新しいことをやろう、と一緒にがんばってた同僚がやる気をなくしたり、
お昼ご飯を一人で食べたり、
午後に研修をする約束をしていた人は連絡もなく学校に現れず、
午後に、副校長と会って約束していたデータをもらうはずが、副校長に会えず、
旅行会社に支払いに行って「領収書ちょうだい」と言ったら1時間近く待たされたり。
帰ってから、洗濯しようと思ってたのに、時間がなくてできなかったり。

まあ、いろいろありました。
すべて想定内です。慣れてます。
こんなことがあっても全然腹が立たなくなりました。

でも、立て続けにあると、たまには気持ちが疲れちゃうこともあるわけで。

そんな私を癒やしてくれたのは、学校のスタッフルームのお姉様がた。
人を待ってスタッフルームにいたら「パン食べる?」とパンをいただきました。
お茶も飲む?と言ってくれました。

家に帰ってからは、大家さんに「羊の肉焼いたから食べなさい」と、
なぜか晩ご飯をごちそうになりました。おいしかったです。
麦で作った飲み物「キント」ももらいました。麦茶っぽい味で好きです。

疲れたけど、なんだか癒やされた日でした。
あ、食べ物で癒やされている・・・?(笑)

20130511_0054

20130511_0056


2013年5月 1日 (水)

マッチひと箱

久しぶりに、お店でものすごい吹っかけられ方をした。

「マッチひと箱いくら?」
「50サンチーム(1サンチームは1ブルの100分の1)」

「じゃあ、10箱の1パックちょうだい」
「10ブル。50サンチームのは終わって、1箱1ブルだから」

「え?ひと箱50サンチームなら、10箱5ブルじゃないの?
 ????(まあ、最近野菜の値段上がってるし、そういうこともあるかな?)OK」
「まいどあり~」

そのあと、馴染みのお店行って値段聞いたら、10箱4.5ブルと言うではないか。
まあ、初めてのお客さんに対して多少高く売るのはしかたないとして、倍以上って!
5分歩いて戻って、マッチを叩き返し、10ブルを奪還したのは言うまでもない。

で、お金は戻ってきたわけだけど、何かすっきりしないものがあった。
つまり、「高く買わされた」という事実は消えないわけで。
お金が戻ってくりゃいいじゃん、というわけではないのね。

以前、悪徳商法でお金をかなりだまし取られた人のインタビューを見たことがある。
「お金が戻ってきてほしいわけじゃないんです。だまされたことが悔しいんです。」
と言っていたのを思い出した。

そのときは、ただ「へ~」と思っただけだったけど、今ならわかります!
そう、だまされたことが悔しいんだ!

適正価格を知らなかった私が悪い、
初めて行くお店だから、外国人だからと吹っかけられるかもしれない、と用心しなかった私が悪い
と言われればそれまでだけど、なんとなくおかしい、、、と思っても、
そこで、他の店で確認してから買う等の行動を起こせなかったことが悔やまれるのだ。

何がすっきりしないのかがわかって、すっきりした。

20130501_0018


« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »