2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

冷凍庫の霜取り

今日は、ずっと前から気になっていた、冷凍庫の霜取り。

半分くらい霜に埋まって、ほとんど何も入れられません。しかも凍らない。
左の方には、霜の中に何か埋まってますね。取り出せません(笑)

20120930_9025

朝8時くらいから、冷蔵庫の中のものを全部取り出し、
電源コードを引っこ抜いて、ドアを開けて放置です。

6時間くらい経ってやっと、冷凍庫内の霜を塊で取り出せました。
ごそっと取れる感じ、気持ちいいですw

20120930_9027

後は、冷凍庫の下にぶらさがってる霜です。
これも、3時間くらいすると取り出せる大きさにまで溶けました。

霜も完全に取れ、冷蔵庫の中もすっかりきれいに拭いて、完了!
これで、500gでも1㎏でも、お肉を買って使い切れなかったら冷凍できます~。
(それより少ない単位では売ってないんでw)

日本の冷蔵庫は霜取り機能があっていいよね、と思ったら、
うちの冷蔵庫にも「defrost」機能、ちゃんとついてました。
文明の利器は正しく使いましょう。

20120930_9029

今日は霜取り頑張ったので、もらって大切に取ってあったサバ缶を開けます。
ついでに、日本から持ってきた大切な日本米も初めて炊いちゃいます。

20121001_9030

これまでに何度も失敗しながら、お鍋でのお米の炊き方をマスターしました。
それは、日本米を炊く、この日のためです!

できあがり。

20121001_9031

お米は、焦がすのを恐れて弱火にし過ぎたので、若干芯がありますが、やっぱりおいしい。
お箸で食べれるって素晴らしい(お米がもちもちしてるってことね)。

おいしかったー。
お腹も心も満足w


2012年9月28日 (金)

ティーフ!

今朝、ミニバスに乗っていたら、車の外から
「ティーフ!ティーフ!」という
青年たちの無邪気な叫び声が。

うるさいなー、と思ったら、どうやら私に向かって言ってる模様。

ティーフ=theif=泥棒 ですね。

私が全く無視してたら、今度はアムハラ語で
「レバ!レバ!」と叫んできました。

ミニバスに乗ってる他の乗客は、
「あいつら頭おかしいよ」的なジェスチャーをしてます。

エチオピア人と一口に言っても、いろいろいるんだな、と思う瞬間です。
最近そういう風に感じるようになりました。

アホなことを言ってからかってきたり、勝手に腹を立ててきたりする人もいれば、
そういうのをたしなめたり、無視してりゃいいのよ、と言ってくれる人もいます。

ちなみに、チャイナ!とか、たまにアリババ!とかはありますが、
英語で「ティーフ」と言われたのは初めて。

日本語で言われたらキレるかもしれないんですが、
英語とかアムハラ語で罵られてもあんまりピンと来ないんです。
なんで、ぜんぜん腹が立ちませんでした。

気分良く一日を過ごしました。

2012年9月27日 (木)

雨季終わった・・・?

昨日、今日と、これまで毎日のように降っていた雨が降っていません。
そして、久しぶりの感覚が戻ってきました。

静電気。

うちの部屋の扉は金属なんですが、
乾季には、ほぼ触る度に静電気が起きていました。

さきほど、扉に触ったら静電気が。
雨季は終わった・・・のかな?

エチオピア人は雨季が大好きです。
農業にとっては恵みの雨だし、
陽射しが強いのは苦手です。

でも、乾季には、
洗濯物もすぐ乾くし、
どろどろの道を歩かなくていいし、
ノミダニも減るし、
生活が楽になります。

私はどちらかと言えば(いえ、絶対に)乾季の方が好きです。
雨季が終わるとうれしいです。

2012年9月26日 (水)

マスカル祭

今日は、エチオピアで「真の十字架」が見つかった日だそうです。
キリストが磔にされた十字架です。
エチオピア正教のお祭りなので、プロテスタントとかカトリックの人はお祝いしません。

お祝いの内容ですが、(たぶん)
デイジーの花を積み重ねて、クリスマスツリーのような塔にします。
お祈りをしてから、その塔に火を放ち、全部燃やして終わりです。

これは、いろんなところでやっていて、
広場や各家庭でもやるみたいです。
塔の大きさはいろいろです。

この日、学校から家に帰るまでに6か所で塔が作られているのを見ました。
私は、他の隊員と一緒にマスカル広場へ行きました。
ここにも、特大の塔が作られています。
道路も車を通行止めにし、人も大量に来ます。
お祝いの様子がテレビ中継もされます。

20120926_8983

「マスカル」はアムハラ語で「十字架」の意味です。

このお祝いは夕方から始まります。
4時からお祈りが始まります。
各地(?)から来た、お祈りをする集団の人たち5,6グループが
次々にお祈りしていきます。

お祈りと言っても、エチオピア正教のお祈りは、
歌ありダンスありで、結構華やかです。

この感じ、日本の花火を見に行った時を思い出しました。
夕方から続々と人が集まり、座って、暗くなってきて、
花火が始まるのを待つ。

でも、6時過ぎても、塔に火が付く気配はありませんw
お祈りイベントは続きます。

エチオピアの色である、赤、緑、黄色の布を振って踊ったり、
十字架の形に一文字を作ったり、
十字架を見つけた日、ということでその様子をお芝居でやったり、
いろいろありました。

私のいた場所からは、遠すぎて、何やってるのかよくわからず、
広場の端っこにあった、テレビ中継のマルチビジョンを見ていました(笑)

その間も、野球場での売り子さんよろしく
教会グッズを売ったり、サモサを売ったり、
十字架のペンダントを売ったり、ろうそくを売ったり、
物乞いをしたり、と、いろんな人が通って行きます。

陽も暮れ、暗くなってくると、その場にいる人たちみんな手に持った
蝋燭に火をつけていきます。私もつけました。
蝋燭の海です。とってもきれいでした。

20120927_9013

そして、とうとう点火。
点火前の儀式(?)には、観客の気分も最高潮!
エチオピア人の「ウレレレレレレレレレレ」という掛け声?が一斉にあがります。

燃えている塔は、きれいです。
近くの人は大丈夫かな?というくらいに強く炎が上がります。
私の写真では、なんだかよくわからない燃えてるものしか写せませんでした(笑)

20120927_9017

驚いたことに、この辺でエチオピア人たちは、あー終わった、という感じで帰り始めます。
点火が終了の合図なんでしょうか。燃え終わるまで見ないのね。

もちろん私たちは最後までいて、消防車で燃え残りの火が消されるところまで見ました。
消防車、エチオピアで始めて見ました。

家へ帰ると、テレビでマスカル祭を見ていた大家さんが
「あなたテレビに映ってたわよ」と。
本当に私だったかどうかは謎ですが、ちょっとうれしかったです。

エチオピアのお祭りを堪能した一日でした。

2012年9月24日 (月)

活動はあと1年

なんと、来年の今日、帰国予定です。
あっと言う間に、あと1年になってしまいました。

今日以降の学校でのイベント、エチオピアのお祭り、
もう二度と経験することができません。

エチオピアでの生活を楽しみつつ、
一日一日を大切にして、
活動も気合入れていきたいと思います。

2012年9月23日 (日)

授業に必要なものを整備するということ

今日は、真面目なことを。

今年取り組みたいと思うことを書きます。
もしやらないことになったら恥ずかしいな、とは思うのですが、
今の考えを、記録として書いておきたいと思います。

☆☆☆

学校に配属された隊員の主な活動の中に、
「授業に必要な道具の整備」があるのかな、と思います。

理数科隊員であれば、
理科の実験で使う道具を手作りして、お金をかけなくても、
誰かに寄付をお願いしなくても 実験道具を作れることを示す。
ペットボトルや、草を使って実験道具を作ったり(!)します。

体育隊員であれば、
体育の授業で使うボールや何かの道具を、整理してしまうと、
次に使う人が取り出しやすいことを示す。
修理できるものは修理する。
道具がなくてもできる授業の方法を示す。

☆☆☆

私はPC隊員です。
学校の授業は、パソコンの使い方を生徒に学んでもらうことが目的です。

理数科隊員のように、パソコンを手作りすることはできません。
その辺の日用品で、Windowsが動く箱を作ることはできません。
手作りでMicrosoft Office等のソフトやインターネット用ケーブルを作ることもできません。

体育隊員のように、パソコンなしにWindowsの操作方法を教えることはできません。
ペーパークラフトで、パソコンの構造を教えたりすることはできますが。

他の職種の隊員の活動と比べて考えてみると、パソコンの授業は、
「パソコン」という文明の利器があることが大前提なんだなぁ、と改めて思います。
購入予算がないから手作りで、というわけにはいきません。

お金がないなら、今ある少ないパソコンを、細々と修理しながら、
なんとか授業で使っていくしかありません。

授業に必要なソフトウェアがないなら、仕方がないので、
教科書のその箇所をとばすしかありません。

☆☆☆

でも、本当にお金はないの?
お金はあるのに、上手く使えてないだけじゃないの?

インターネットが設置されたり、
図書館に新しいシンクライアントのパソコンが10台設置されたり、
校内の歩道が掘り返されて再整備されたり。

お金が全くないとは思えないのです。

もしお金があるんだとしたら、
今あるパソコンが壊れたら修理する、だけじゃなく、
もっと事前に手を打てることがあるんじゃないの?

今あるパソコンを壊れないようにすること。
必要なパソコンを、ツテがあるところから、適切な型のパソコンを寄付してもらえるようにすること。
学校に、パソコンを購入できるお金があるなら、購入してもらうこと。
パソコン以外に、ケーブルやソフトウェア等が必要であることを学校側にわかってもらうこと。

お金がない前提で、ない中でどうやってやるか、ではなく、
どこかにお金がある前提で、それをどう上手く使うか。

こういうことに、今年は取り組んでいきたいな、と思っています。

2012年9月22日 (土)

友達が来ました

日本から友達がエチオピアに来てくれました。

ひとりで南部旅行をした後にアジスアベバに寄ってくれたので、
一日、アジスアベバを案内しました。

国立博物館(私も初めて)
シュロメダのマーケット(私も初めて)
私の学校
コーヒーショップ
ドミ

1日でこれは、実際ちょっときつかったはず。
普段の私でさえ、3か所以上立ち寄ると疲れるのです。
そんなことを忘れて(笑)、連れまわしてしまいました。

でも、「エチオピアに来て良かった!」と言ってくれてうれしいです。

一番うれしかったのは、
「アフリカと一括りに思ってたけど、来てみたら全然違うね」
と言ってくれたこと。

そうなんです。
「アフリカ」って一口に言っても、いろんな国があって、
いろんな民族がいて、全然文化も違うんです。

そういうことって、来てみないとわからないんです。
だからおもしろいんです。

今度はもうちょっとゆっくり案内するから(笑)、また来てね!

2012年9月21日 (金)

先輩の帰国報告会

今日は帰国報告会がありました。

来週、日本に帰られるボランティアの方々が、
2年間の活動を振り返って、15分で発表をする、というものです。

職場に見学に行った方の発表はもちろんのこと、
あまり活動内容を知らなかった方の発表を聞いて、
こんなことをやってたんだ!こういう活動の仕方っていいな!
と、目からうろこが何回も落ちました。

この隊次は首都隊員の方も多く、とってもお世話になりました。
帰ってしまうと、寂しくなるな・・・o(;△;)o

2012年9月19日 (水)

フィダルネックレス

自分の名前のフィダルをネックレスにしたものを、
先輩隊員が何人か持っています。

「フィダル」というのは、アムハラ語の文字のことです。

この文字が結構かわいいので、
私もほしいなー、と思ってました。

友達が作るというので、私も一緒に作ってもらいました。
この文字で作ってね、というと、
1文字だけでも、2,3個の文字をつなげても作ってくれます。

私は、一文字だけにしました。
(ちなみに、「K」というフィダルではありませんw)

20120919_8976

かわいいです。大満足。

2012年9月15日 (土)

もうもらったよ

ミニバスに乗っていると、言いたいことがたくさんでてきます。

「5ブル払ったんだから、お釣りは2ブル30サンチームでしょ」
「サンチームのお釣りくれないの?」
「お釣り頂戴!」
「もう払ったよ」
「え、ここ終点なの?」

他の乗客がその状況で、どういう言葉を言っているのかを観察して、
ああ、こういう時はこういうアムハラ語なんだぁ。ふむふむ。
と、いままで勉強してきました。
そして、たいてい困らなくなってきました。

が!今日、新たに困ることが起きました。

ミニバスの車掌がお釣りをくれました。
そして、しばらくしてからもう一度お釣りをくれようとします。

とっさに、

「もうもらったよ」

と、言いたかったのですが、
そんなこと言う機会これまでなかったので(笑)わかりません。

家に帰ってからアムハラ語講座の資料を見返して、こう言うのかー、と納得。
今日も一つ勉強になりました。

また使う機会あるかな?

2012年9月12日 (水)

本棚を入手?!

ここ数か月、本をドミから借りてきたり、旅行先で買ったり、
と、どんどん本が増えてました。
2つあるソファのうち、一つは本に占領されています。

そして、帰国する方から譲ってもらった日本食材もたんまり。
どんどん増えていきます(でも、もらうw)。
段ボールに入りきらず、もらってきた紙袋のまま。

そして、思ってました。

本棚が欲しいな~。エチオピアで家具買うっておもしろいんじゃない?
食材を入れておける、ちょうど良い大きさの段ボールがもう一個欲しいな~。

今日、なんということはなくテレビを眺めていたら(TVは点いてません)、
ふと思いました。

テレビ台のあの中段、本を並べるのにちょうどよくない?
今乗っているお菓子類を別の段ボールに入れて、、、てやったらスペース空きそう。

早速。
食材は種類ごとに小さい段ボールに小分けにして、、、。

できあがり。あ~ら不思議。本も食材もテレビ台の中に入りきりました。
結局、何も買い足さず、大きな段ボールも追加せず、以前より小さなスペースに収まってしましました。
本棚を買うという楽しみは、また今度に取っておこう(笑)

ちょっと段ボールが見苦しいけど、一応、すっきりw
便利できれいな小箱なんて売ってないので。
20120912_8925001

こちらに来て思ったこと。

日本の三段カラーボックスは素晴らしい!!
ひとつあるだけで、どんなに収納が楽になることか!!!
でも、買う前に本当に、必要かどうかちゃんと考えよう!(笑)

2012年9月11日 (火)

元旦

今日は、エチオピア暦2005年の1月1日です。
元旦は家族や友達で集まってゆっくり過ごす日です。

私は大家さん一家と過ごしました。みんなドレスアップ。
でも、私はドレスアップ用の服は持ってきてないので、
こちらで買ったスカートやらアクセサリやらを総動員(笑)

ヤバグティブス、ヤバグデュレット、、、おいしいインジェラをたくさんいただきました。
テレビでは、新年番組を放送してました。主に音楽祭でしたけど。

明日からは学校が本格的に始まります。の、はずです。
生徒も先生もほとんど来ないとの噂もありますが、とりあえず、行きます。

20120911_8894


2012年9月10日 (月)

大晦日

今日は、エチオピアカレンダーでは大みそかです。
明日はエチオピア暦2005年1月1日です。

ここしばらくは、
羊たちが群れをなして、マーケットまで連れられて行き(自分たちで歩かされる)、
コーヒーセレモニー用なのかわかりませんが、草が道端で束になって売られてます。
(写真撮っていい?と聞いたら断られました泣)

特に町の飾り付けもないので、自分としては、やや盛り上がりに欠けますが、
生きた鶏を持って歩いてる人や、草の束を肩に持って歩いてる人を見ると、
ああー、これが年末の風景なのかなぁ、と思います。

女性たちは、髪をショルバ(編み込み)にしているのですが、正月用?の豪華なショルバです。
どう豪華かと言うと、金髪のエクステを編み込み、さらに編み込みの下に何かをいれて盛り上げています。

豪華ショルバにした女性たちを、今日はたくさん見かけました。でも、来てる服は普段着。
日本髪を結って、Tシャツジーパン着てるようなアンバランスさを感じてしまいましたが、
みなさん、あんまり気にならないようですw

大家さんちのお手伝いさんも豪華ショルバで準備万端です。

今日の夜からオールナイトでパーティをする人もいるし、
今日の夜から朝まで教会で過ごす人もいるそうです。

☆☆☆

エチオピアでも新年のメッセージをメールで送ります。
が、なぜか今日メッセージをいくつかもらいました。今日、大晦日ですけど・・・。
元旦ではなく、大晦日に出すのがルールなんでしょうか?ちょっと驚きました(笑)

メッセージカードも送りますが、
郵便ではなく、パーティ等で会う人に直接渡すものなんだそうです。

日本では、年賀はがきを元旦に届けるために、
郵便局ではバイトを雇い、はがきを出す方は事前に投函し、、、
と、みんなとっても大変な思いをしていますよね。

新年をどう準備するか、元旦をどう過ごすかは国によって違うんだなぁ。
おもしろいです(o^-^o)

またまた全体会議

先週の金曜日に学校を覗きに行ったところ、新しい掲示物を発見。
それは、翌週月曜日の朝9時から先生たちを対象にした会議がある、というもの。

どうせ、9時になんて誰も来てないだろうなー、と思いつつ、学校へ。
学校内のカフェで時間をつぶします。

カフェに入ると、意外と先生がたくさん来てます。15,6人は来てるでしょうか。
ちなみに、うちの学校は先生100人くらいいるはずです。

先生たちに挨拶したり、お茶をおごってもらったりしながら、待ってると、
10時くらいに、校長がいきなりカフェで話し始めました。
あれ、講堂でやるんじゃなく、カフェでやるのね。

会議はアムハラ語なのでよくわかりませんが、後で近くにいた先生に聞いたところ、
グレード12は明後日から授業なので、
レッスンプラン(先生が授業でこういうことをやります、というのを書く)を出せ、
グレード11はまだ生徒の登録が完了していないので、授業は始まりません、
ということだったようです。

そうこうしているうちに、30分くらいで会議しゅーりょー。

会議に出席しているかどうか、先生のサインを集めていました。
IT教科からは二人しか出席してませんでしたが、同僚は全員分のサインを代筆してました。
いいんですかね・・・。何のためのサインなのかよくわかりませんが。

IT教科からは3人の先生が辞めたそうです。彼らは先生以外の職が見つかったんでしょう。
そして、もう一人辞めるんじゃないかと思われてる人がいるそうです。
これは、うちの教科に限ったことではなく、どこの教科も同じ。

生徒の登録も新年開始の2週間前からで、まだ終わってないし、先生の数の確認も新年始まってからだし、
仕方ないのかなぁと思いつつも、もうちょっと計画的にやったらいいのに、と思ってしまいます。

ITを教えられる先生がいない、と言われてエチオピアに来ましたが、
先生の職業としての待遇がよくないので、先生になりたがる人が少ない、というだけのように思います。
先生の入れ替わりは激しいけど、何年も補充がされない、という話は聞いたことはありません。

配属されてから半年以上、結構学校に慣れて来たなー、と思っていたけど、
うちの教科では、定員よりも4人も先生が少ない状態で学校が始まりそうです。
未知の世界です。(o^-^o)

2012年9月 9日 (日)

食事を用意するには時間がかかる

日本にいる時は、どれだけ早く食事の準備をできるか、
どれだけ簡単においしい食事を食べられるようにするか、
そういうことばっかり考えていました。忙しかったから。

でも、エチオピアに来てから、
そんなに簡単に食べれる状態にまで持って行けるもんじゃないなぁ、と
思うようになりました。

先月、ケニアのサファリに行ったとき、
動物たちは、そこに生えてる草を食べてました。動物の肉をそのまま食べていました。
食べるものさえ見つけて捕まえれば、すぐ空腹を癒せるのです。

その様子を見ながら、私がその草をそのまま食べたらお腹壊すなぁと思ってました。
私がおいしいと思える食事を準備するってことが、そうとう手間のかかることなんだと実感した瞬間でした。

サファリでそんなこと考えてました(笑)

人は、動物も植物も食べますが、それを育てる手間も、食べられるような状態にするのにも時間もかかります。

動物を絞めてから肉にするのは手慣れた人なら1時間ちょいでやってしまうんでしょうが、私にはできません。半日以上かかるでしょう。まる一日かも。いや、どんだけ時間かけてもできないかも(笑)
お米を刈り取ってから食べられるようにするには、干したり、脱穀したり、ゴミを選り分けたりして、水と一緒に茹でて柔らかくしなければいけません。

なんて気の遠くなるようなことが、自分の食事として口に入るまでに行われてるんだろう。
自分では「30分で食事用意できた!」と思っていても、そこまでにはいろんな人の働きがあるんだな、と。

生の植物や肉をそのまま食事として食べられない私は、
他のいろんな人に頼って生きてるんだなぁ、と実感しているこのごろです。

2012年9月 7日 (金)

現代語訳 学問のすすめ

「現代語訳 学問のすすめ」というのを、honto電子書籍で買ってみました。
Amazonでの書評

文語調のは読む気がしないけど、現代語訳なら読んでみようかな、と。
「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」より先を読んだことがなかったのよね。

ちょっと読み始めたけど、おもしろい。

開国のことや中国のことについて触れている箇所があり、
ちょうど開国のころに居合わせた人物が書いた文章だと思うと、
こういう見方をしていた人がいたんだ、と思えて興味深い。

へえ~、学問のすすめってこういう内容だったんだー。

2012年9月 5日 (水)

手作りポタージュ

私はポタージュスープが大好きです。
特に、クノールのが好きです。
でもこっちでは売ってません(クノールの別の種類のスープは売ってるんですよ)。

これは、作るしかない!

いろいろ下調べをしてましたが、本日やっと作ってみました。
ミキサーがないので、すりおろしたジャガイモを煮て、牛乳を入れるというレシピを採用。

おいしくできました!

20120906_8868

が、レシピより多く作ろうとして欲張り過ぎ、じゃがいもは3倍、牛乳は2倍。
あれ?計算がおかしいですね(笑)

というわけで、すりおろしジャガイモ粥みたいな感じのスープ(?)になりました。
すくうと、もたっと落ちる感じw

鍋からあふれんばかりに大量にできました。
実際、牛乳を煮すぎて鍋からあふれちゃいました(笑)

明日は水で少しのばしてもう少しスープっぽくして食べようw
楽しみです。


2012年9月 4日 (火)

学校での活動始動

来週の火曜日はエチオピアの新年。
新年の翌日から、本格的に学校が始まります。

そろそろなんか準備しなきゃいけないんじゃないかなぁ、と思いつつ、
何も連絡がない(って、いつもないです)ので、学校に様子を見に行きました。

雨季休み中にのぞきに来たときよりも多くの先生方がカフェでくつろいでます。
来てる先生の数は多くなりました。

仲の良かった同僚が辞めてしまったため、簡単には情報が入らなくなってしまいました。
自分で掲示板を見たり、その辺にいる先生をつかまえて聞くしかないです。
今日は運悪く、ICT教科の先生が誰も学校に来てません。

そこで、よく挨拶を交わしていた女性の先生をつかまえて、
いつから授業なのか、何をしなきゃいけないのか、を聞きました。
快く教えてくれました。

そして、いつもの通り、RPGのごとく「あの人に聞いたらもっとわかるわよ」と言われ、
聞きまわることになります。もう慣れました(笑)

最初にこの学校に来た時より気持ちの余裕が持てて、ちょっとはこの環境に慣れてきたのかなと、実感。
いろいろ今まで教えてきてくれた同僚たちに感謝です。

さて、今日得られた情報は、3つでした。上出来です。
・新年の翌日からグレード12は授業開始
・具体的に何するかは、ICT主任と話すこと
・ICT主任は明日は学校に来るらしい

(エチオピア)新年に向けての学校活動が始まりました。
どんな新年になるか楽しみです。

2012年9月 2日 (日)

メレス首相の葬儀

テレビの生中継で、メレス首相の葬儀を見ました。
大家さんのテレビでしかEthiopia TVが映らないので、大家さんちにお邪魔してずっと見てました。

葬儀の様子の写真はこちらから。
http://www.bbc.co.uk/news/19455907

朝早くから始まり、午後3時くらいに終わりました。

見始めた時には、首相の棺が、どこからかマスカルスクエアに到着するところでした。
マスカルスクエアで、招待された数百人の人が参加した葬儀がありました。
エチオピア正教のお祈りの後、各国や国際団体の代表者による弔辞がありました。
ウガンダやスーダンが最初の方に弔辞を述べていて、エチオピアとの関係が深いのかなー、と思ってみていました。

葬儀終了後は、棺を乗せた車とともに、警察?が長蛇の列を成して、埋葬する教会まで歩いて向かいました。
弔辞の辺りではめちゃくちゃ良い天気だったのですが、葬儀終了直前あたりから、かなりの土砂降りになり、
雨の中、徒歩で向かっていました。

最後に、教会でまたお祈りがあった後、棺が墓地に埋められました。

TV中継では、アジスアベバと国内の各都市、海外の都市をつないで2か所同時中継したり、
葬儀会場から埋葬される教会までの道中に中継カメラを置いて、途切れることなく切り替えて行ったり。
たまに、司会者が英語で状況を説明してくれたり、字幕で弔辞の内容が英語で表示されたり、と、
外国人にも配慮された放送になっていました。

海外中継では、サウジアラビア、ニュージーランド、ロンドンがつながれていました。
葬儀を生中継で見れるような会場が用意されていて、その会場とつないでいたようです。
サウジアラビアは、出稼ぎに行っている人が多いからエチオピア人多いんだろうな、と思うけど、
ニュージーランドやロンドンにもエチオピア人は多いんですね。

また、私の配属先の学校では、普通の行事やイベントは1時間や2時間遅れて始まるのが当たり前なのに、
定刻が何時だったかは知りませんが、朝からちゃんと始まっていたのには驚きました。
司会もしっかりとしていて、滞りなく式が進んでいました。

数日前に会った、学校の同僚は、日曜日の葬儀に参加したいと言っていましたが、会場の近くまで行ったのかなぁ。
招待客しか参加できないらしいとも言ってましたが。

次の首相は、副首相のハイレミリヤム デサレン氏が引き継ぎ、2015年の選挙まで務めるそうです。

2012年9月 1日 (土)

トマト料理

エチオピアに来て、半年以上経ちますが、初めてトマトを買いました。
これまで買わなかったのには理由があります(大した理由じゃないけど)。

日本にいる時も、トマトはほとんど買わなかった。
1個だけでいいのに、2,3個パックしかなくて、たいてい残ってダメにしていた。
それなのに、エチオピアでは半キロ単位でしか買えない。
必然に大量のトマトをいっぺんに消費しないといけない。

エチオピアで野菜を生食しないと決めているので、
生食以外に食べ方があんまりないトマトは買いたくないなー、と。
(ちゃんとしたレストランで出される生野菜サラダは平気で食べちゃいますが(笑))

こんな理由から、トマトを買ったことはありませんでした。
近所でよく買い物する八百屋には、いつも同じ野菜しかありません。
じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、キャベツ、ビートルート、いんげん、そして、トマト。
この中で買ったことがないのは、トマトだけ。

そこまでトマトが好きじゃないなら、別にトマト買わなくてもいいんじゃない、と思いますよね。
でも、何気なくトマト料理のレシピをネットで探していたら、とっておもおいしそうに思えたレシピがあったんです。

麻薬的に旨いトマトスパゲッティ

どうしてもこれが食べたい!
ということで、さっそく買って作りました。トマトスパゲッティ。

これがね・・・、とっっってもおいしかった!!!
トマトソースパスタを、こんなにおいしいと思ったのは初めてかも。

豚肉のひき肉も消費したかったので、肉入りのトマトスパゲッティでしたが。
オリーブオイルなんて高くて買ってないので、普通のサラダオイルで作りましたが。

エチオピアで売られているトマトは、固い。
最初は一生懸命湯むきしてたんだけど、めんどくさくなって、
試しにピーラーで皮をむいてみたら、むけた。これは楽だわ。

次はどんなトマト料理を作ろうかな。

あまりおいしそうに撮れなかったけど、とてもおいしかったトマトスパゲッティ
20120901_8833

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »