2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 隊員総会 | トップページ | 今日はClosing Ceremonyだったんだけど »

2012年7月 6日 (金)

約束を守る、ということ

同僚に会う用事がありました。

とある書類をアムハラ語で作ってくれることを1か月ほど前から約束してくれてました。
この書類の書式、内容は、この同僚にしかわからないので他の人には頼めません。

でも、今日は疲れたから、今日は遅くなっちゃったから、とずっと作ってくれないまま、
雨季休みに突入してしまいました。

授業がまだあって、毎日会ってる頃は、まあ来週もあるし、と気にしてなかったんですが、
雨季休みに入って、会う約束をしないと会えない状態になってから焦り始めた私。
(締切も近づいてきたしね)

そこで、

1.先週の水曜日の午後2時半から3時の間ということで、同僚と学校で待ち合わせをしました。

当日の昼に電話をして約束をしたんだから、ちゃんと来るだろう、と学校で待ってました。
でも、3時半になっても同僚は来ませんでした。
電話をしてみると、「雨がすごくて行けなかった」と。
確かに土砂降りでした。うん、確かに。

2.次の週の月曜日に会う約束をしました。

お互い都合が悪く、ちょっと間が空くけれども、翌週月曜日に会う約束をしました。
同僚は別の用事が「early morning」にあるけど、
それが終わったら学校行くから、終わったら電話するから、とのこと。
うーん、いまいち信用できないけど、一応電話を待つことにしました。

午後2時ごろに、いつ用事終わるの?と電話したら「あと1時間くらい。家で待ってて」とのこと。
午後3時半ごろに、終わった!?と電話したら「今日はもう無理」とのこと。
は、早く教えてくれ・・・orz

3.翌日、火曜日のお昼に学校で会う約束をしました。

お昼に会う約束はしたけど、私は、その時間帯に別の用事ができたので、
朝早く学校に行って、同僚に作ってほしいアムハラ語資料の元ネタ英語資料を事務所に置いておくことに。
同僚に直接は会えないけど、それを見ながら同僚はアムハラ語資料を作ってくれるとのこと。

なんだ、こんな方法もあったなら、もっと早くやっとけばよかった。
これでやっと資料がもらえる~!

翌日水曜日の朝、確認の電話を入れました。

「作ってないの。
 やっぱりKと一緒に作ろうと思って。
 その資料を提出する相手の校長が今週はいないんだって。」

校長がいないのは知ってるけど、そんなこと言ってたら、資料作成がどんどん延びるじゃん!
会わなくても作れるんだし!!!

4.金曜日の午後に学校で会う約束をしました。

お昼の12時半ごろに会う約束してるよね、と確認の電話をすると、これからすぐ学校に行って会おう、とのこと。
午後って言うから、2時~4時ころを考えてたのに。お昼も食べずに学校に行きました。

そして、、、
やっと、、、

同僚に会えました!
そして、ものの5分でアムハラ語資料を作ってくれました。
そんな一瞬で終わる作業のために、1週間以上すれ違いを続けたとは・・・(笑)

今日はこのためだけに学校に来たとのこと。
今までは学校に行く用事があってそのついでに、と会う約束をしてたんだけど、今日はこのためだけ、と。

理由を聞くと、
 ずっとこれまで会う約束をして、何度も会えなかった。
 でも「アムハラ語資料を作ってあげる」という約束を守らなきゃいけないから来た。
と。

そうなんだ。

約束を守る気が全くない思ってない、と勝手に思い込んでました。

これまでの同僚の行動は
・会う時間を事前に細かく決めない
・翌日~数日先のことしか約束しない
・会う約束を守れなくなった時点でも連絡をくれない。
これは私の目には、約束を守る気が全くない、と映っていました。

だから、しつこいと思われようとも、電話をかけまくって、何度でも会う約束をしてました。

でも、同僚には同僚なりの「約束を守る」という考え方があるんだな、と思いました。

自分の物差しで人を判断しちゃいけないな、
そして、同僚が約束を守ろうとしてくれたことがとってもうれしい、と感じた出来事でした。

でも、まだ、校長への提出!という難関が。
校長にはいつ会えるんだ!?

« 隊員総会 | トップページ | 今日はClosing Ceremonyだったんだけど »

2012年7月」カテゴリの記事

学校での活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 隊員総会 | トップページ | 今日はClosing Ceremonyだったんだけど »