2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 再会 | トップページ | オリンピック »

2012年7月30日 (月)

HOPE Enterprise

雨季にできること、ということで、
HOPE Enterpriseという施設を訪れました。

ここは、
ストリートチルドレンや、小さな子供のいる母親たちに、
ご飯を出している施設です。

朝は子供たち。
今日は50人くらい。ご飯は、パンとバナナと牛乳でした。

昼は母親とその子供たち。
今日は300人くらい。インジェラと豆のシチューでした。

系列の施設がいくつかあるようで、違う場所では、
男性だけ700人くらいにご飯を出しているそうです。

街で見かける
靴磨きの少年や、物乞いをしている母子、
ガムを売ると見せかけてスリを働く子供たち。

彼らは、ここに、ご飯を求めて来ています。
ご飯の配られる随分前から来始め、待っています。
この施設に来ている間は、普段の仕事(?)の顔は見せず、
話をしたり、子供たちは遊んだりしています。

私は普段、子供と触れ合う機会がないのですが、
現地訓練のホームステイ先で一緒に遊んだ子供たちを思い出しました。
今日会った子供たちは、彼らと変わらないように見えました。

彼らは、ご飯が終わるとすぐ施設を後にして、自分たちの場所へ帰って行きます。

この施設では教育は何もしていないのですが、
子供たちの中から、何人か選ばれ、
学校に通ったり、職業訓練を受けたりすることもあるようです。

この先、彼らはどうしていくんだろう?
街で見かける度に、自分にはどうしようもないとわかっていても
思ってしまう疑問でした。

この施設に来たからと言って、その疑問が解決するわけではありません。
が、どうしても来たい場所でした。

今日は、メインはご飯を配る手伝いをして、
それ以外には、ちょっと子供たちと遊んだり話したりしただけでした。
次に行った時は、お母さんたちと、もっと話をしたいと思いました。

« 再会 | トップページ | オリンピック »

2012年7月」カテゴリの記事

エチオピア生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再会 | トップページ | オリンピック »