2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« エチオピアでのBPR | トップページ | How to become a teacher »

2012年3月 5日 (月)

赴任2週間目!

2週目が始まりました。

今日うれしかったこと:

・Grade11の教科書の3章から授業プランを書き起こして持っていった。
 同僚と議論しながら確認してもらって、自分なりに明確になった。
 (ここからここまでを1回目、ここからここまでを2回目、というようなこと)
 これから、来週に向けて、3回分(1週間分)の授業準備をします。

・9人の先生のうち、4人の授業スケジュールをゲット!

・担当LabのPCのうち、起動する/しない、はわかった。
 19台のうち、9台しか起動しない・・・。予想よりかなり悪かったが。
 50人の生徒だから、、、1台平均5人以上。

なんか進んだ感じがしました。
が、やっぱりこれだけでは終わりませんでした。

授業プランの確認も終わって、ほっとしながら、
各授業の準備をしようかなーっと、教師控室で教科書を眺めてました。

と、「Weekly Lesson Plan」という紙が、ぺらっと置かれているのを発見しました。
授業ごとの目標と、そのためのアクティビティの計画が書かれています。
授業をする教師の署名と、IT部長の署名もあります。
なるほどー、こうやって授業プランを作って合意するのね。
そこにいた同僚に聞いてみると、授業を始める前に作るんだそうだ。

って、初めて聞いたんですけど?!
来週から授業するなら、
これ作ってIT部長に見せなきゃいけないってことじゃないですか。

必要な情報がまとまってないのは、ミニバスだけでなく学校でもかー。
・必要な情報はまとまっていない
・その場その場で人に聞きながら情報を収集、更新する

そんな気はしてたけど、ここまでとは。
守るべきルールすらまとまって教えてもらえないとは。
聞き方も考えよう。。。

他の先生の授業スケジュールですが、こちらもちょっと驚きの事実が。

やっと、4人の先生の授業スケジュールがわかりました。
これで、話をしたいときとか、授業を見学したいときに助かります。
自分の担当しているラボにいつ生徒がいないのか、というのもわかりました。
これで、いつPC修理に集中してよいのかがわかります。

よかったー、と思ったのもつかの間。

5人目の先生に授業スケジュールを聞こうとしたところ、
「明日、新しい授業スケジュールをもらうことになってから、
 またちょっと変わるわよ」
と。

えええ?

IT部門の先生だけでなく、他の部門の先生がいなくなると、
その先生が担当していたクラスの授業スケジュールが変わる。
その影響を受けて、他の教科の授業スケジュールも変わるんだそうだ。

2週間に一度変わることもあるし、
1か月に一度変わることもあるし、
だそうだ。

この授業スケジュール、たまに問題があって、
同じLabを使ってる二人の先生の授業が、同じコマにかちあってることもあるし
(同時にLabを使うことはできないから、PC演習が片方の先生はできない)、
一人の先生のコマに、二つの違うクラスが割りあたってることもある
(合同授業でもするのかな?100人を前に・・・?)

授業スケジュールが変わり続けるから、エラーも混入するんだなぁ。

毎日、三歩進んで二歩下がりながら、一歩ずつ前に進んでます(笑)

« エチオピアでのBPR | トップページ | How to become a teacher »

2012年3月」カテゴリの記事

学校での活動」カテゴリの記事

コメント

初めて投稿致します。

正月ごろからちょこちょこ拝見させて
いただいておりました。

私(♀)も、これから国内研修、
7月からバハルダルの大学に行く
予定です。

現地の様子に触れられて
非常に感謝しております。

なにごともアグレッシブに
いかなきゃだめですね?

お体にはお気をつけください。


tori33miさん、こんにちは!
長文ブログを読んでいただいてありがとうございます

情報収集に関しては、日本にいた時よりはアグレッシブかもしれないですね。
待ってても情報手に入らないですから・・・(笑)

バハルダールは、私はまだ行ったことありませんが、いいところだと聞いています。
アジスアベバとは、また雰囲気は違うと思います。

あと半年で派遣ですね。
お体に気を付けて、訓練がんばってください~。

エチオピアでお待ちしてます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エチオピアでのBPR | トップページ | How to become a teacher »