2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 星の王子様 | トップページ | 新居への引っ越し »

2012年2月22日 (水)

家が決まりました

やっと家が決まり、明後日ドミから新居へ引っ越しします!
こちらで家を探す時の流れと、実際どうだったか、を書きます。

~家を探す時のだいたいの流れ~

1ブローカーに連絡をとって、場所・金額等の条件を伝え、
2ブローカーと会って、空いている家に連れて行ってもらい、家と大家さんとご対面。
 この時、初めて、ブローカーが場所や金額の条件を了解しているかがわかる。
3大家さんと家が気に入ったら、JICAの安全チェックを受けて、契約。
 ブローカーを介して家を見つけた場合は、ブローカーへ仲介手数料を払う。

先輩が住んでた家を引き継ぐ場合は、1、2をすっとばして3だけできる。
仲介手数料もいらないです。

~実際どうだったか~

家さがしを始める前に、ブローカーを探すのが大変だなぁ、
と思ってたのですが、予想通りでした。

ブローカーには4人くらい連絡しました。
一人は、全然条件がわかってなくて、アムハラ語しかしゃべらなかったので、2回目の連絡はしませんでした。
一人は、電話していい家あったら連絡ちょうだいね、で、連絡がありませんでした。2回くらい電話したけど。
一人は、待ち合わせ場所に現れませんでした。電話の連絡もつかず、それから連絡してません。
一人は、先輩からの紹介で、待ち合わせ場所に時間通りに来てくれて、いい家を紹介してくれました。

わかったことは、ブローカーは自分の得意なエリアがあって、
そこに条件に合う家がないと、連絡を返してくれなかったり、来なかったりする、と。

私はいいブローカーさんしか会ってない(というか二人しか会ってない)けど、
同期隊員の家さがしに一緒に行ったときは、ちょっとちゃらい感じのブローカーもいました。

先輩隊員によると、商売で不動産仲介業をやってる、というよりは、
情報をたくさん持ってる普通の人、だそうです。
家を紹介してくれたら普通の人であっても仲介手数料を払う、という感じだそうです。

家を探すって、こんな感じなのねー、というのを体験した感じです。
アムハラ語の勉強にもちょっとなりました。
ブローカーに電話するとか、待ち合わせ場所決めるとか、「この家きれいですね!」を連発するとか(笑)

私が家を決めた時の決め手は、
大家さんが気が合いそうな人、ということです。
住んでみないと、実際どうなのかわからないですが、これからわかるでしょう!

なにせ、これがエチオピアでの初めての家探しなので、
全てが上手くいけば儲けもん、上手くいかなくて当たり前!
と自分に言い聞かせています(笑)

新居への引っ越し、楽しみです。

« 星の王子様 | トップページ | 新居への引っ越し »

2012年2月」カテゴリの記事

エチオピア生活」カテゴリの記事

コメント

おうち探しについて、興味津々だったので
Kちゃんの記事を読んで、納得しました!

家のことをきれいだなぁ~、と褒めたり
大家さんと仲良くしたり・・・

今、私の住んでいるところ(東京の賃貸マンション)ではそういうことがなくて
不動産屋さんが間に入っているから、大家さんと顔をあわせることもないけれど

本来の社会の姿だなぁ、と感じました。

お部屋、どのくらいの広さなのかな!?
水周りとか、間取りとか、いろいろ気になるよ~

新居のその後、楽しみにしているね(●^o^●)

おうち探しについて、興味津々だったので
Kちゃんの記事を読んで、納得しました!

家のことをきれいだなぁ~、と褒めたり
大家さんと仲良くしたり・・・

今、私の住んでいるところ(東京の賃貸マンション)ではそういうことがなくて
不動産屋さんが間に入っているから、大家さんと顔をあわせることもないけれど

本来の社会の姿だなぁ、と感じました。

お部屋、どのくらいの広さなのかな!?
水周りとか、間取りとか、いろいろ気になるよ~

新居のその後、楽しみにしているね(●^o^●)

私も東京に住んで10数年だったけど、大家さんと会ったことあるのって、1回・・・くらいだったよ。

こちらは、大家さんは同じ敷地に住んでることが多いので、気が合うかどうかは必須条件なのです。
どんな家なのかは、引越したらご紹介します!待て次号!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 星の王子様 | トップページ | 新居への引っ越し »